1. HOME
  2. Featured
  3. 新世代ミクスチャーロックバンド「パノラマパナマタウン」の魅力
Featured

新世代ミクスチャーロックバンド「パノラマパナマタウン」の魅力

Featured

パノラマパナマタウンとは?

パノラマパナマタウンのメンバー

Vo&Gt.岩渕想太(@perrrrbuwa

Gt.浪越康平(@Hermajesty202

Ba.タノアキヒコ(@do10tano

パノラマパナマタウンの経歴

2013年、神戸大学軽音部にて結成。

2015年「RO69JACK」(現RO JACK)優勝、「ROCK IN JAPAN  FESTIVAL」へ初出演。

「MUSICA」「A-Sketch」「SPACE SHOWER TV」「HIP LAND MUSIC」が主催する4社合同オーディション「MASH A&R」でグランプリを獲得。

2016年、初の全国流通盤『SHINKAICHI』リリース。

2017年、4月には初のワンマンツアーを開催。同年、TVアニメ「十二大戦」OPに『ラプチャー』が抜擢される。

2018年、テレビ東京系「JAPAN COUNTSOWN」1月度OPテーマ、「スペースシャワーTV」1月度ヘビーローテーション「POWER PUSH!」に『フカンショウ』が抜擢。その他、ツアーや主催イベント『パナフェス』等数々のライブイベントに参加。

2020年、メンバー脱退を受け現在の体制となる。

パノラマパナマタウンのディスコグラフィー

2016    1st miniALBUM 「SHINKAICHI」

2016    2nd miniALBUM 「PROPOSE」

2017    3rd miniALBUM 「Hello Chaos!!!!」

2017    配信リリース 「ラプチャー」

2018    メジャー1st miniALBUM 「PANORAMADDICTION」

2018    Digital Single   「$UJI」

2018    Digital Single   「くだらnation」

2019    Full Album   「情熱とユーモア」

2019    Digital Single   「ずっとマイペース」

2019    Digital Single   「Dive to Mars」

2019    メジャー2nd miniALBUM   「GINGAKEI」

2020 ライブ音源配信リリース 「Live at LIQUIDROOM 2019.1.19」

パノラマパナマタウンの魅力とは?

最初にバンド名を言おうとした時に何度噛んだことか…そんな興味で聴き始めたら、こんなジャンルがあるのかと驚かされました。(通称”パノパナ”。まだこの方が言える!)

イントロ「いい感じ!」、A・Bメロ「…ん?」、サビ「良い!」という印象。”ロック”、”バンド曲”を聞く心構えでいたら予想外なヒップホップ、ラップ要素

曲だけでなく歌詞にも注目で、自分たちの思いそのまま、”歌詞”というより”言葉”を聞いてるようでいて、言葉遊びなところもある、どの曲も聞き流せない曲ばかりだなと感じました!

「その気持ちわかる~」なんて共感できる曲や、歌詞を見て「そういうことか!」と気づかされる曲、中にはしっとりかっこいい曲もあり、他に流されない、オリジナリティー満点なバンドです。

様々なフェスやツアーに参加して曲、活動共に勢いある彼ら。メンバーの脱退やヴォーカルのポリープ手術のための活動休止等を乗り越え新たな姿になった”パノパナ”。この面白かっこよさに共感してほしい!

新しくジャンル分けできないような、彼らの世界観にのめり込んでみてはいかがでしょうか!