1. HOME
  2. Featured
  3. 東京発ギターロックバンド「Organic Call」の魅力
Featured
海辺に佇むOrganicCallのメンバーたち

東京発ギターロックバンド「Organic Call」の魅力

Featured

はじめに

私はストレートなロックバンドが好きなのですが、最近では様々なジャンルのバンドが増えていて自分好みのバンドを見つけることがなかなか難しいなと感じています。

この音楽はどのジャンルでしょう?と聞かれても「ロック」とか「メタル」とかその程度であればわかるとは思うのですが、ギターを弾けない身からするとコードから判断出来ない未熟さを感じます。

今回紹介するのはそんな私が好きなギターロックを聴かせてくれるバンド「Organic Call」です。

Organic Call(オーガニック コール)とは

Organic Callのメンバー構成

Vo/Gt. 平田真也(@ny_tk345p)

Gt. カワカミトモキ(@tomo11guitar15)

Ba. 植木貴士(@takashi_diot)

Dr/cho. 橘川(きっつー)(@OC_MINATO_dr)

Organic Callの経歴

2016年に平田、カワカミ、橘川により結成された東京都のロックバンド。翌年の12月にサポートとして共に活動していた植木が加入し、現在の編成になる。

2017年からライブ活動を始動し、7月より1st Single「方舟の案内人」のリリースと共に、ツアーを敢行する。同年の9月にはTHE ORAL CIGARETTESフレデリックなどの人気アーティストが所属するMASH A&R主催オーディションイベント「MASH FIGHT! Vol.6」の7月度 MONTHLY ARTISTに選出され、快進撃を見せる。

2018年2月に2nd Single「黎明を待つ旅人」をリリースし、2度目のツアーを開催する。同年2月にはロッキング・オン主催「RO JACK」1月入賞アーティストに選出。4月には1st Singleが完売する。

同年の8月には1st 配信シングル「此処から」をリリースし、3度目のツアーを開催。同月に新宿タワーレコード20周年として1st Single「方舟の案内人」の新装版を150枚限定で販売するも即完売するほどの人気を博する。

2019年2月に1st E.P「水平線、続く天青」をリリースし、イベントを開催、4度目のツアーを行う。同年8月には2nd 配信シングル「エンドロール」をリリースし、5度目のツアーを開催。12月には主催ライブのチケットがSOLD OUTする。

2020年には1st mini album「白昼夢も何れ」をリリース。
2月にはMASH A&R主催のオーディションイベント「MASHHUNT」にてMUSH PUSHの2月のピックアップアーティストに選出される。

同年3月には日本テレビの音楽番組「バズリズム02」のエンディングコーナーで1st mini albumの収録曲「海が見える街」のMVが紹介され、6月には音楽雑誌「Skream!」に掲載されるなど、注目を集めている。

Organic Callのディスコグラフィー

2017 1st Single「方舟の案内人」

2017 Compilation Album「前線より Vol.1」

2018 2nd Single「黎明を待つ旅人」

2018 1st Digital Single「此処から」

2019 1st E.P「水平線、続く天青」

2019 2st Digital Single「エンドロール」

2020 1st Mini Album「白昼夢も何れ」

Organic Callの魅力

私は学生時代にAsian Kung-Fu Generationの追っかけをしていたくらいにはギターロックが好きで、アジカンのDrs.伊地知 潔さんに憧れて音楽をはじめました。

Organic Callを聞いて最初に思ったのは、良いギターロックをやっと見つけた!という思いでした。

冒頭でも述べた通りで、最近では様々なジャンルの音楽が増えたものの、好みのバンドを探すには情報が溢れすぎていて、全ての情報を精査して探すなんてことは私にとってなかなか難しいものがあります。

そんな中でやっと出会えた好みのギターロックバンドOrganic Callは、芯のあるパワフルなボーカルと、耳に残るギターリフ、曲を支えつつ引き立てるパワフルでしっかりと重心が低いドラムとベースという、最高のバランスです。

MVのクオリティやストーリー性もとてもよく、Organic Callの楽曲をよく引き立てています。

私はMVや音源のジャケットデザインなどのバンドを視覚的に表現しているものが前から好きなのですが、若手とは思えないほど考えて作り込まれていて、自身のプロデュース能力の高さにも驚きました。

楽曲は叙情的ですが暗い気持ちを引きずるような曲ではなく、最後には元気付けられる楽曲が多い印象です。

もう一歩踏み出したいけど心が疲れてしまって進めない。そんな時に皆さんも聴いてみてはいかがでしょうか?